タグ:札幌 ( 21 ) タグの人気記事
色とりどりなふゆじたく
c0192558_1263168.jpg

寒くなって、山の木々はもう葉っぱが落ちてしまって
でも心はワクワク。
元気な色たちでフェルト小物を用意しています。
明後日から 

■ワクワク ワクワク フユジタク
ブラウンブックスカフェ 札幌市中央区南3条西1丁目9 和田ビル3F
会期:2013年11月9日、10日
営業時間:13:00-20:00
http://fuyudesse.exblog.jp
[PR]
by yougakuten | 2013-11-07 12:08 | つくる
展示のお知らせ
2012年1月4日開店のお店「HIPPIES SAPPORO」にフェルトを展示販売させていただくことになりました。
今まで札幌の二条市場の隣に「Koji Ishida 〜Bar&Design〜」というお店を構えていた店主が、
新たにもっと広いスペースで、物販スペースを設け、お昼からオープンするお店を開店したのです。
そこで、縁があり、開店時よりフェルトを置かせていただく事が出来ました。
お店は、すすきのの温泉、ジャスマックプラザのすぐ近くです。
手作り感あふれる店内は広々しており、騒がしい場所から少し離れて落ち着いた場所です。
お茶を飲んだり、夜はお酒も。すすきのでの待ち合わせにも使いやすいかも!
ぜひ、ふらりとお立ちよりください。
今は、フェルトタイルを展示販売しています。
フェルトタイルは、ちょっとした壁の飾りにちょうどよいのです。
c0192558_16441440.jpg
何枚か組み合わせるのも楽しい。
c0192558_16445277.jpg

ピアスをひっかけて、飾りにしたり、、、
c0192558_16451396.jpg

ブローチもお家でも主役に
c0192558_1645254.jpg

下地が合板なのでビスや画鋲も取り付ける事が出来ます。
写真は画鋲を取り付けてキーをぶら下げています。
ぜひ、見にいらしてくださいね。
季節や、気分で時々展示を変えたり新作を展示することも考えています。
その際にはまたご案内出来ればと思っています。

HIPPIES SAPPORO (ヒッピーズ札幌)
札幌市中央区南7条西2丁目リバーサイドビル1F南向(鴨々川沿い)
電話 011-556-5246
http://www.hippies-sapporo.com
営業時間 11:00−23:00
定休日 日曜日
[PR]
by yougakuten | 2012-01-04 16:56 | つくる
展示します @minka(札幌)
先ほど設営を終えて来ました。
今年はフェルトのオーダーをいただくことが出来たり、
展示の機会をつくっていただいたりと嬉しい年です。
そんな嬉しい年の最後の12月、札幌のカフェ アンティーク ミンカのクリスマス市で展示させていただくことになりました。

ミンカは、名前の通りの築半世紀以上の民家を改装し、アンティークショップとカフェとしている、
知る人ぞ知るお店です。
お店の中に入るととにかく楽しいです!
飲み物も食べ物も、メニューを見ていると、どれも食べたくなってしまいます。
カフェ横のアンティークショップは、所狭しと世界中から集められたアンティークなモノたちに囲まれて、
次から次へと目移りしてしまいます。
営業日は火、金、土の週3日です。
12月3日〜12月25日まで。
プレゼントをお探しの方は、美味しいクッキーや、瓶詰めもかわいいラッピングで販売しているのでおすすめですよ。
c0192558_0425769.jpg

c0192558_043218.jpg

↑ミンカの外観、まさに昔からの民家。
外観の素敵なのだけれど、実はトイレがものすごく素敵。その話はまた今度。

カフェ アンティーク ミンカ
札幌市中央区北2条西13丁目2
Tel : (011)272-5103
Open : 火・金・土 12:00-20:00

[PR]
by yougakuten | 2010-12-01 00:45 | つくる
表情
c0192558_21584172.jpg

ジンジャークッキーを購入した。
それはとてもかわいらしい表情で、クッキーが食べたいというよりも
この子をつれて帰りたい、という欲求から。
作り手の顔は、そんな微妙な表情に現れていると思う。
味にももちろんだけれど、料理をあまりしない私には
どちらかといえば、そのような視覚情報から作り手の顔を想像することが多い。
自分の作っているものには、私の顔がどのあたりに現れているのだろうか。

写真のクッキーは札幌のminkaというカフェのもの。
お皿は、安藤さんのお皿。このマットな質感は、乾物が合うという結論に。
その他、チーズにクラッカー、もしかしたらフルーツも合うかもしれない。
[PR]
by yougakuten | 2010-11-23 22:05 | たべる
すずめ集まる
c0192558_21405649.jpg
c0192558_21404639.jpg
c0192558_21403642.jpg
c0192558_21402418.jpg

庭や車庫にたくさん集まるスズメたち。
かわいい〜
しかしちゅんちゅんうるさいと思ったら、
どうやら私の存在が邪魔のよう。
「あっちいって」だって
庭でご飯を食べていたところらしい。

風邪をひいて思うこと。
元気に飛び回りたいと。
スズメは風邪をひくんだろうか。
[PR]
by yougakuten | 2010-11-08 21:42 | あう
ふゆじたく展 終わりました
ふゆじたく展、昨日無事に終わることが出来ました。
本当にあっという間でしたが、
その短い間、寒くて雨が降っているにも関わらず
迷いながら来ていただいたり、
本当に久しぶりにお友達とも再会出来たり、
赤ちゃんがいて、大変なのに見にきていただいたり、
本当に皆勤賞ってくらいにいつもいつも見に来てくれるお友達。
初めて触れてくれた方もいらっしゃったかと思います。
本当にありがとうございました!
想像以上に、とても嬉しいです。
そして、この機会を与えてくれた、中杢工房とkikikokoさんにもありがとう!
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そして勉強にもなりました。
c0192558_2138547.jpg

[PR]
by yougakuten | 2010-11-08 21:38 | つくる
ふゆじたく展
今年も皆様に、フェルトを直接触れていただける機会に恵まれました。
ふゆじたく展という名前の中杢lab+kikikoko企画展に参加させていただくことになりました。
約1年くらい前から彼女たちは企画をしていて、参加の要請があった時は嬉しかったのを覚えていますが、
もうあっという間に1ヶ月をきってしまいました。
ふゆじたくって、楽しくってうきうきしますよね。
それって雪が降る事へのウキウキ感が小さな頃はとても強かったと思います。
その名残がこのうきうきなのかな?
冬は室内にいる時間も長くなるから、室内は素敵な場所でありたいし
外へ出て行く時は、とっておきのぬくぬく感を味わうために、上っ張りや首巻き、手袋はお気に入りを使って嬉しい気持ちになりたい。
そんなことへのふゆじたく。考えただけでも楽しそう!
うきうきをもっとうきうきへ。
ちょっとしたきっかけを中杢lab+kikikokoが企画展にしてくれました。
冬の夜長を素敵にろうそくで灯してみたり、
クリスマスツリーはなくても、オーナメントを自分なりに飾ってみたり、
暖かい美味しいご飯を素敵な器に盛ってみんなとのお食事を楽しんでみたり、
カラフルなマフラーを巻いて、真っ白な雪の中を歩いてみたり、
ちびちびとシュトーレンを味わいながら。
想像しただけでも楽しくないですか?
そんな準備前に、ぜひ足をお運びくださいね。
また近くなったら作品なども紹介出来たらと思います。

ふゆじたく展
日時 2010.11.3.wed~7.sun 13:00~18:00
場所 札幌市中央区南1条西15丁目1-319 ルレーブ大通ビル(space1-15)307号室
   ※建物はオートロックになっております。入口にてインターホンを押して下さい。

c0192558_11412296.jpg

c0192558_11413561.jpg

[PR]
by yougakuten | 2010-10-10 11:41 | つくる
ある休日
c0192558_204823100.jpg

今日は久しぶりの友人に会いにいった。
彼女は学生時代からの友人。
気づいたら半年以上会っていなくって、
突然来たメールで幸せな報告をいただいたところで
幸せな顔を見に行った。
なんか、すごく嬉しい。幸せそうな顔をしていた!
彼女は確実に、階段を上っている感じがする。
スピードは問題じゃない。
私まで幸せになった。ありがとう。
これからたぶん大変なこともあるだろうし、幸せなことも沢山あるだろうけれど
どうか家族で楽しく人生を歩んでほしいと願う。
そして!自分もなんとかがんばらなきゃ!と気が引き締まる思いになった。

今日は父の日、
ショールーム巡りの途中でワインを購入。
(注意!現在TOTOショールームは改装中につきクローズ)
重い荷物を背負ってチャリで帰宅。
16、7歳の頃はよく中心街までチャリのって行ってたけれども
それ以来の久しぶりの長距離?自転車。
いい汗かいた〜
写真は亜麻の花。ショールーム巡りの途中で、歩道横で可憐に咲いていた。
[PR]
by yougakuten | 2010-06-20 20:49 | あう
物語る庭 @文学館 はじまりましたー
10日から始まった、小林重予さんの個展、物語る庭
先週ちょろっと見てきました!
1時間だと足りないです、確実に
いやーしかし、パワフル!
一点一点は小さくて、さらっと見ようとすれば簡単に見られるかもだけれど
ちゃんと見ようとしたら、、、時間がいくらあっても足りないくらい!
本当に面白いです!
しかも重予さんが使っている画材とか、参考にしている本とか
まるで重予さんのアトリエに遊びに行っている気分、
ぜひぜひ!行ってみてください!
ちょっと、パリのブランクーシアトリエを思い出したりしました。

重予さんからメールできた案内文です↓

◆「物語る庭」小林重予 個展 ◆
会期:10月10日日〜11月8日
内容:日記画400点
立体:近作中心
原画:鬼のいる庭55通と詩から生まれた立体
小林私物:植物にまつわる書籍他100冊くらい
     道具、種、模型やコレクションの品々多数

◎ゆっくり眺め、本を読み鑑賞すると2時間くらい時間が
有るといいかと思います。
是非ゆっくり時間を作っていらして下さい。

◎同時開催の子供の短歌コンテスト作品がこれまたとても面白く、
思わず笑ってしまう作品が盛りだくさんです。

◎自由参加型として、短歌つくりや言の葉を繋ぐコーナーも有ります。

小林会場滞在日
10月10,11,17,24,31、11月1,8日です。

場所:北海道立文学館
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1番4号
Tel. 011-511-7655 Fax. 011-511-3266
道立文学館
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition3/2009/family.html

★鹿児島より岡田氏来道!!詩の朗読会あります!
  小林重予(造形作家)×岡田哲也(詩人)クロストークと朗読
 日時  10月24日(土)14:00〜
 会場  北海道立文学館講堂(定員60名)
 費用  無料
☆♪申込方法  10月10日(土)より�(011-511-7655)に受け付けます

c0192558_2354286.jpg

↑展示レイアウト検討中の3D
[PR]
by yougakuten | 2009-10-13 23:55 | みる
物語る庭 @文学館
c0192558_2312919.jpg

以前もここでご紹介した『鬼のいる庭』の作者の小林重予さん。
札幌の文学館で個展を開催します。
文学館ってどこ?行ったことない!っていう人が多いですが
これを機に、ぜひ足を運んでいただけたらなーって思います。

ファミリー文学館 小林重予展 物語る庭
2009年10月10日〜11月8日まで
(休館日 10/13,10/19,10/26)
9:30から17:00まで(入場は16:30まで)
観覧無料
期間中楽しげワークショップもあります!
『鬼のいる庭』で重予さんが往来葉書を送っていた詩人の岡田哲也さんもいらっしゃいます!

■クロストーク&朗読会
『鬼のいる庭』ができるまで
10月24日 14:00〜16:00
講師 小林重予(造形作家)岡田哲也(詩人)
会場 文学館講堂
定員60名
10/10より電話申し込み 011-511-7655

■ギャラリートーク「物語る庭で根ほり葉ほり」
(作家と文学館職員による作品解説)
17日はシルバー、31日はキッズ参加を優先ですがどなたでもOK
10月10,17,31→10:00〜
11月1,8→11:00〜
展示室にて 申し込み不要

■ワークショップ 作って投函往来葉書
(2人一組で応募)
2人の間で1枚の葉書が行き交い、
「待つ、繋がる、相互に関わる」ことから生まれる郵便アートです。
共同作業を通して、どのような表現世界が生み出されるのか、
予測出来ない楽しさを体験しましょう!
講師 小林重予
会場 文学館ロビー
A日程10月10日(土)14:00〜16:00、10月17日(土)14:00〜16:00
B日程10月11日(日)10:00〜12:00、10月17日(土)14:00〜16:00
どちらかの日程をお選びください。
費用 無料
人数 5組
※公開事業のため、参加者のお名前、容姿、制作作品、制作過程の公表、掲示に同意される方。
会場 文学館ロビー
電話またはメールにて10/1まで受付。
申し込み事項:住所、氏名、年齢、職業(学年)、電話番号、メールアドレス、参加希望日程を記入し申し込む。
当選者には10/3までに通知。
tel:011-511-7655
mail:bungaku@h-bungaku.or.jp

■自由参加プログラム
「想いの接ぎ木ー連なる事の葉ー」
言葉と絵を選び、その組み合わせによって枝葉を広げ、
見知らぬ他者と新しい物語をつないでいくプログラム。

こんな感じで会期中たくさんイベントがあります!
重予さんの札幌での個展は本当に久しぶりなので、
ぜひぜひ見て感じていただきたい展示です!

■小林重予さんプロフィール
造形作家。1957年札幌生まれ。札幌在住。
文化女子大学金属工芸科卒業。
インドネシアに滞在し、国立芸術大学やマス村にて木彫を学ぶ。
木などの自然素材や金属・ガラスなどを組み合わせた作品は、
架空の種子や果実、植物を彷彿させる。
個展は1993年Artspace貘(福岡)を皮切りに、
スカイドアー・アートプレイス青山(東京’97)
感覚ミュージアム(宮城'04)、北網圏北見文化センター(北見'05)、
CEMETI ART HOUSE(ジョグジャカルタ'06)など国内外で開催。
越後妻有アートトリエンナーレ(新潟'00)、国民文化祭現代彫刻展(山口'06)のほか、
各地の企画展に出品し、評価を得ている。
土地の特色を生かした作品設置は、札幌ドーム、摩周厚生病院、札幌テレビ局などがある。
[PR]
by yougakuten | 2009-09-10 23:12 | みる



札幌でフェルトをつくっています
by yougakuten
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2014年 09月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
カテゴリ
全体
つくる
つかう
きく
みる
かう
たべる
あう
におう
おもう
うごく
よむ
未分類
タグ
(95)
(66)
(44)
(29)
(21)
(20)
(16)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
お気に入りブログ
enomono mood
ものやのしものや 庭しんぶん
M O R I T S ...
おいしいものハンターのお...
kikikoko*
トロッコ一級建築士事務所...
中杢lab+kikiko...
*中杢lab*
ブログ/HPリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧